先日、突然パソコンがお亡くなりになった。

何の前触れもなく、使ってる最中にいきなりシャットダウン。改めて電源を入れると、CPUファンやケースファンが一瞬だけ回り、すぐストップ。また一瞬だけ回り……というのを延々繰り返し、BIOS起動まで行かないというわけの分からない症状。

初めての経験だったので、対処法をメモしてみる。

まずは最小構成にする



とりあえずサブPCをネットに繋げて情報を集めたところ、こういった場合、まずは最小構成とやらにして原因を特定するのがセオリーらしい。

最小構成に必要なパーツは、以下の4つ。

  • マザーボード
  • CPU
  • メモリ
  • 電源ユニット

つまりは、起動に必要なパーツのみにした状態で電源を入れることで、原因を絞り込んでいくのだそうだ。もちろんファンや、PCケースとの不要なケーブルも全て外す。

さっそく準備し、スイッチオン。

……やはり、BIOSが立ち上がらない。


パーツを交換する



しかし、これでHDDや他のパーツには問題ないことが分かったので、今度は安いパーツを新品に交換してみた。

  • マザーボードのボタン電池を交換(CR2032)→直らず
  • 電源ユニットを交換→直らず

……駄目だった。CPUとメモリは滅多に壊れないと聞くので、次はマザーボードだ。しかし、マザーボードは高い。

5年くらい前のパソコンなので、どうせならCPUやメモリも新しくしてやろうかと迷ったが、結局、今のCPUが使える一番安いマザーボードを探し出して、購入。

ちなみに買ったのは、ASUSの「H61M-K」。Amazonで7780円だった。USB3.0は付いてないが、まあ仕方ない。


結局、マザーボードが原因だった



そしてマザーボードを交換して、祈る気持ちで起動ボタンを押すと……おおっ!

以前の状態であっさり起動してくれた。Windowsの再インストールも必要かと覚悟していたので、一安心だ。

しかし、やっぱりというか当たり前だが、Windowsが再認証を求めてきた。OEM版なので、パーツと紐付けされてるはず。無理かなと思いつつ、Product Keyを入力すると……あっさり認証された。

私が使ってるWindows10は、以前、Windows7から無料アップグレードしたものなので、そのためなのか、それともマザボ以外のパーツに紐付けされていたのかは謎だが、とにかく良かった。

Windowsまで買い直すとなると、えらい出費だ。


まとめ



あとあと調べたら、どうもマザーボードのコンデンサ不良だったのではと思う。

ちなみに壊れたマザーボードは、オークションサイトで送料込み2000円くらいで売れた。修理して転売でもするのだろう。

PCパーツは壊れていても結構買ってくれる人がいるので助かる。